★☆☆

アスパラベーコンの作り方レシピと、その派生料理の紹介!!グリーンアスパラレシピ

● アスパラベーコン。美味しいですよね。ベーコンの旨味がアスパラガスに移って、軽く塩とブラックペッパーをするだけで、これで充分ってぐらいに美味しくなりますが。でも、それが最高でそれ以外はって考え方では、料理はつまらないものになってしまいますから、さらに進化させてみたり、派生させてみたり楽しんでみましょう。

★ まず基本的な作り方

・ 材料

・アスパラ

・ベーコン

ピュアオリーブオイル

・塩

・胡椒/こしょう

・ 作り方

①・アスパラは下処理、皮をむいて、一口大に切ります。切り口を斜めに切ると見た目もおしゃれになります。(細かい下処理の方法はこちら

②・ベーコンはスライスでも、かたまりでもお好みの物を用意し、お好みのサイズに切ります。(おすすめは、ベーコンのかたまりを先ほど切ったアスパラと同じサイズぐらいの長方形に切ります。)

③・フライパンにピュアオリーブオイルをひいてベーコンを脂をだすようにじっくりしっかり中火で炒めます。

④・ベーコンをしっかり炒めましたら、アスパラを入れてベーコンの脂をからめるようにあおり炒めて、塩とこしょうで味を整えて完成です。(ホワイトペッパー ・ブラックペッパーもお好みでどうぞ。個人的にはブラックペッパーがオススメです。)

ピュアオリーブオイルはサラダ油でも大丈夫です。ただ香りの強い エクストラバージンオリーブオイル よりもピュアオリーブオイルのほうが、今回はむいていると僕は思います。

またベーコンの脂身が多くて、テフロン加工のフライパンの場合、油はひかなくても、ベーコンの脂が溶け出すので、それだけでもいけます。

アレンジ派生編

★☆☆アスパラとベーコンのバター炒め

工程③のピュアオリーブオイルをバターに変えて炒めます。さらに、こいくち醤油を少したらして香りづけをすると、美味しさが増します。

★☆☆アスパラとベーコンのめんつゆ炒め

工程④の塩こしょうでの味付けをめんつゆ(濃縮タイプ)に変えます。醤油で味つける感覚で使うとうまくいくと思います。

★☆☆お弁当にもぴったりのアスパラベーコン巻き

アスパラは1mmから2mmにスライスしたものを使います。アスパラを軸にベーコンを巻きつまようじで、固定してあとは工程と同じように炒めます。ちなみにアスパラと一緒にチーズも細く切って一緒にベーコンで巻いて焼くと更に美味しくいただけます。

★☆☆アスパラとベーコンのガーリック炒め

③の工程のオリーブオイルを多めにひき、みじんぎりにした、にんにくをいれて弱火で香りをだします。あとはベーコンをいれて同じ工程です。

★☆☆アスパラとベーコンの卵炒め

④の工程の仕上げに塩で下味をつけた卵を入れて、卵をからめるように炒めます。卵とじのようにして完成です。シュレッドチーズ (ピザを作る時に使う溶けるチーズ)などを卵にさらに混ぜておくと、最高です。

★★☆アスパラベーコンと温泉卵のサラダ

④のベーコンを炒める工程を弱火で、ベーコンがカリカリになるまで行います。食べやすいサイズにちぎった葉野菜の上に冷ましたアスパラベーコンを散らして、温泉卵をのせます。お好みのドレッシングをかけて完成です。仕上げにクルトンや粉チーズをかけてもさらに美味しくいただけますよ。

温泉卵の作り方はこちら

クルトンの作り方はこちら

・他、思いついたら追加します。

 

 

 

こちらもオススメ!!
error: Content is protected !!