★★☆

ピペラードソースとは?ピペラードソースの作り方・プロのレシピの紹介!!


● ピペラードはフランス・バスク地方の家庭料理です。人によって多少のレシピの違いはあるようですが、トマト・ピーマン・にんにく・たまねぎ・唐辛子は共通して入っているかと思います。ってことは、ラタトゥユと一緒かな?とも思いますが、ピペラードのピペラは唐辛子(ピーマン)を指していれようで、ラタトゥイユと違い唐辛子は、絶対?なのかなとも思います。他、ズッキーニや、ナスはピペラードには、入れないようですね。現地では、焼いたジャガイモや、オムレツなどと一緒にソースのように添えて、いただくことが多いようですが、お店などでは、焼いた魚料理や、鶏や豚料理にも幅広く使うことができる、多様性のあるソースとして、よく使われています。今回は朝食用に、オムレツとベーコンにかけていただく、よりソース状にしたパターンで紹介します。

ちなみに、ソースや料理の違いを、定義づけしようとするのは、日本人の気質だと言われたことありますね。例えば、作り手が、ピペラードソースだと思って作り、そう言っているなら、それでいいじゃないかって、思うらしいです。聞いた話しですが。

★ 材料

オムレツ

・ベーコンスライス

【 ピペラードソース 】

・ピュアオリーブオイル  適量

・トマトソース  600cc 

・にんにく  5g

・生ハムの端材  200g 

・赤パプリカ  400g

・ピーマン  600g

・タイム  1本

・ローリエ 2枚

・輪切りとうがらし  適量(お好みで)

・塩  適量

★ 作り方

①・オムレツの作り方はリンク先を参照ください。

②・ベーコンは市販のものを、焼いておきます。

【 ピペラードソース 】

①・にんにくは皮をむいてみじん切りにしておきます。

②・パプリカとピーマンは、ヘタと種を取り除いて、粗めのみじん切りにしておきます。

③・生ハムの端材もみじん切りにしておきます。

④・鍋にオリーブオイルをいれ、にんにく、輪切り唐辛子と生ハムの端材をいれ弱火でじっくりと、炒めます。

⑤・続いて、赤パプリカ、ピーマンの順番に炒めながらいれていき、トマトソースを追加します。

⑥・タイムとローリエも加え、濃度がつくまで詰めていき、塩で味を整えます。

【 仕上げ 】

①・器にオムレツを巻いておき、ベーコンを乗せましたら、ピペラードソースをかけて完成です。

生ハムよりも、生ハムの端材で購入した方が安くすみます。もっと言いますと、ベーコンのみじん切りで代用しても充分美味しいかと思います。

こちらもオススメ!!
error: Content is protected !!