★★☆

チョコレートムースの作り方とプロのレシピ2パターン紹介!!

● 今回はチョコレートムースの紹介です。固めるのに、ゼラチンを使っているパターンと、バターの脂分を使っているパターンを掲載しました。基本的にチョコレートはカカオの保有パーセントが多い方が苦いので、自分のお好みでチョコレートを選ぶといいかと思います。それか95%ぐらいの苦いチョコレートで作り、グラニュー糖と生クリームで調節するのもいいかもしれません。オススメは60%から70%で考えるといいです。ちなみに、チョコレートムースは冷凍もききます。

ゼラチンで固めるタイプ

★ 材料

クーベルチュール  100g(チョコレート)

・無塩バター  20g

・卵黄  2個分

板ゼラチンリーフ   4g (黒箱がうすくて使いやすいです)

・水  25cc

・生クリーム  150cc

・卵白  4個分

・グラニュー糖  60g

★ 作り方

①・まずボウルに氷水を作り、板ゼラチンを一枚ずつ入れてふやかしておきます。

一枚ずつ入れることで板ゼラチンがくっつくのを防ぎます。

②・鍋にお湯を沸かし、別のボウルに、チョコレートとバターを入れ湯煎にかけながら混ぜ溶かします。混ざりましたら、卵黄も入れ、しっかり混ぜます。

③・さらに、別のボウルに生クリームを入れ、泡立てます。完全にたった状態から見て70%ぐらいの固さを目指してホイップします。

④・同じように、別のボウルで、卵白とグラニュー糖を混ぜ、泡立て、メレンゲにし、先ほどの生クリームと、混ぜひとつにまとめます。

グラニュー糖を混ぜて泡立てることでキメの細かく戻りにくい艶のあるメレンゲができます。

⑤・別の鍋に水を温めます。氷水から板ゼラチンを取り出し、水気を軽くきって入れてよく混ぜ溶かします。

ゼラチンが溶ければ大丈夫です。なるべく沸かさないように溶けしだい火を止めます。沸かしてしまうと固まりにくくなります。

⑥・生クリームとメレンゲを合わせたボウルに、溶かしたチョコレートを入れ混ぜ、混ざりましたら、溶かしたゼラチンをいれ、混ぜます。

混ぜすぎると気泡が潰れてしまうので、ざっくり空気を入れるように混ぜます。

ゼラチンを投入するときに、ザルでこしながらいれると、ゼラチンの溶けていない部分がとりのぞけるので、ダマができる心配がないです。

⑦・混ざりましたら、お好みの器に流して、冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

バターで固めるタイプ

★ 材料

・生クリーム①  60cc

・牛乳  40cc

・ココアパウダー  10g

クーベルチュール  120g(チョコレート)

・バター  85g

・生クリーム②  170cc

★ 作り方

①・鍋に生クリーム①と牛乳をいれ、温めココアパウダーをいれ溶かしておきます。

②・チョコレートは湯煎にかけて溶かしておきます。

③・バターは常温に出しておきやわらかくしておきます。

④・生クリーム②は、完全にたった状態から見て70%ぐらいの固さを目指してホイップします。

⑤・泡だてた生クリームに、チョコレートを混ぜ、やわらかくなったバターをまぜ、ココアパウダーの入ったミルクを混ぜていきます。

ムースを作るときは、泡をつぶさないように、空気を入れるようにまぜます。

⑥・お好みの器にながし、しっかり冷まして完成です。

こちらもオススメ!!
error: Content is protected !!